The Roots 2023
ー進化と深化ー

The Rootsは、武蔵野美術大学通信教育課程油絵学科絵画コース卒業の有志により結成されました。年齢もキャリアも絵画のテーマも多様な私たちの唯一の共通点は、生涯学習の機会を得て、自らのルーツ(原点)に立ち返ることができた喜びをかみしめながら創作活動をしていることです。
メンバーはそれぞれのフィールドで経験を積み、自らの表現を磨いてきました。ますます “ばらばら”になっていくスタイルが一堂に会すると、どのようなケミストリーが起こるのか?多様性を楽しみながらも「あ・うん」の呼吸でまとまっている私達TheRootsの面白さを感じ取っていただければと思います。

The Roots 2023 メンバー

末岡 英利

練馬在住。リタイアを機に、絵を始め誘われるまま彫塑に手を染め、はたまた畑仕事に庭いじり。気がつけば、齢七十四。そこで自画像、描いてはみたが、まだまだ青い! 地域のデッサン会や彫塑クラブの代表も引き受けつつ、創作の旅続行。

加藤 洋子

八王子市在住。現在のお気に入りは『ギリシャ悲劇全集』。
好きな画集はジョットとフラ▪アンジェリコのもの。
2018~2022年『春陽展』入選。
2019年『八王子市夢美エンナーレ』入選。

大塚 弘

福島県在住。
重度の活字中毒者で、アメリカ文学を好む。絵画制作の嗜好は、日本画を描いた亡父の影響か?
2018〜2022年「春陽展」入選。2022年 福島県美術協会賞・福島市美術賞受賞。

桐ケ谷 宥海子

京都府生まれ 東京都出身。B型•射手座•テキスタイル&絵画科卒。
有角大型動物・B.Griffon(犬)♡動物に自然や模様を組み合わせた表現を模索中。
主な画材/アクリル絵具•タイル•粘土•天然素材。

佐藤 貴子

A Closer Look at the Meaning of “Kawaii”
(カワイイが内包する意味に迫る)
昨年からこのテーマで海外でも作品を発表しています。

May-Chako

東京都出身、居住地転々。
国内外移動の多い本業の合間、筆を握る。ちょっとした冒険を好み、2022年 5,000m超えエベレスト高所トレッキング挑戦。
2019年バリ島チャングーにて個展開催。

高橋 絵見子

生まれも育ちも「杜の都仙台」、在住。自然に接することができる日々の生活に大満足。
自然の題材には困らないはずだが、力及ばず。
大学での制作活動開始から一歩一歩だが、前進中。

イシワタエミ

葉山町在住。庭を眺め相棒の鶏と戯れるのが日課。自身の創作と近隣向け造形ワークショップ等を展開。三児の母として育児×美術×地域の関わりを探究し続けている。葉桜美術研究所/HAZABI主宰。

  • 「The Roots 2023 ー進化と深化ー」展

    2023.2.6 mon~2.11 sat
    11:30~19:00(最終日17:00)

    ギャラリー檜e・F

    〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目9−2 宝国ビル 4F
    TEL:03-6228-6558